2010年12月26日

引っ越し:アメリカ人の知恵

引っ越しの準備を着々と進めています。壁にいっぱい、サヴィニャックの絵を張っていた(実際には、絵はがきを額に入れて貼っていた)ので、いっぱいフックが壁についていました。僕が愛用していたのは、ちょっと形が違うけど、こんな感じで、3本の釘で2方向から止めるフックです。時間が経ってもゆるむこともないし、額やら時計やらをいっぱいぶら下げていましたが、ビクともしなくて、とてもよかったです。とうぜん、なるべく現状に戻すのが基本ですので、外します。

IMG_0427

はい、穴が残ってしまいますね。仕方ないですね。ここでアメリカ人の知恵を拝借します。取り出したるは・・・

IMG_0430 IMG_0429

歯磨き粉!これを爪楊枝で穴にいれ、指先で回りの壁となじませます。

IMG_0431

完成がこれです。実際に目で見ても、どこにあったのか、全然見分けが付きません。なお、この壁は真っ白な壁紙ではなかった(たぶん、普通真っ白ではない)ので、白よりも、ちょっと色の付いた歯磨き粉が良かったんだと思います。引っ越しされる予定の方は是非。

posted by @shibukawa at 12:28 | Comment(80) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 引っ越し:アメリカ人の知恵

2009年12月06日

Kindleの見せる未来

DSC_0876

Kindleについては、「買ったよ−色々使えるねー」とか「便利だよー本の読み方が変わるよー」とか、何回かこのブログにも書きましたが、なんかこういう未来っぽいデバイスを触ると、色々未来像を想像しちゃうよね、ということで、こんなサービスが出たらいいな!とかを色々考えてみました。消費者的な視点と、流通、販売の視点と結構バラバラですが。

ちなみに、写真の絵はKindleの電源オフ時の画面です。いろいろな画像が入っていて、ランダムに表示されます。電源オフ時も表示が持続するという電子ペーパーならではですね。今の僕のKindleは「電源なくなったから充電しろよ(意訳)」という画面で止まっていますorz

「いつかまた読み返そうと思うんだけど・・・」

僕のうちももうオーバーフローしていて、会社のロッカーに大量に本を隠していたり、実家にも本を置いていたりするけど、本を買う人が必ず遭遇する問題が収納場所。「この本、一度読んだけど、またいつか読もうと思うので取っておこう」という本が増えていくんですよね。なので、こういう本を本屋に持って行くと、電子データ版と交換してくれて、本棚すっきり、また新しい本買おう、というサービスが出たらうれしいな、と思います。読み終わった新聞とかもね。

オススメ書籍勝手にダウンロード

Amazonではタイトルだけだけど、中身も勝手にプッシュしてくれて、暇なときに読む、というのができると面白いかな。本屋の棚にICカードリーダーみたいなのが置いてあって、そこにかざすと、自分の持っている本のリストと、オススメの本がダウンロードされるとかね。DRMとかかかっていて読める期間限定でもいいので、定額料金とかで。無料の体験版とかもありえますよね。オモチャ屋のNintendo DSのダウンロードとかってそんな感じですよね?使ったことないですけど。

読みたいと思ったときにすぐ

紙萌えな人もいますけど、例えばオンライン書籍販売で注文して、それが届くまでの間だけ読める電子データをその場で送ってくれる、とかあるとうれしいな、と思います。セミナーとかで本の紹介をされることが良くありますが、そんなときにぱっと買って帰りの電車で読み始め、数日後に紙の本が届くという流れとかあるといいかな、と思います。イトーヨーカドーでは、食料品とかを大量に買ったら、その日のうちに配送してくれるというサービスがありますが(ジュンク堂とかでもやっていたかな?)、お店で買って家に帰るまで、とか、「会社に置いて来ちゃったけど、勉強会でxUnit Test Pattenrs必要だったんだよな」みたいな時に持っている本を一時的に読めるようにしてくれるとか、自分の持っている本の現物と、自分の距離をゼロにする、というのができるようになるんじゃないかな、と思います。

追加コンテンツの配布

バージョンが上がると使えなくなる機能があったりするのがコンピュータ書籍の痛い所だったりしますが、そういう点の差分を送ってくれるとか、アルゴリズムの動きのイメージを動画で配ってくれるとかね。勉強会とかで読んで「こういう関連情報もあるよ」みたいな話しとかは毎回出てくると思うけど、そういうのも取り込んでソーシャルメディアにしちゃう、というのもできるようになるかな?著者だけじゃなくて、読者のフィードバックも入れるとか。ジュンク堂のトークセッションや、紀伊国屋などの出版記念講演で出てくる、裏話的なものも欲しいよね。

どんな人も同じように楽しめるように

Kindleの読み上げ機能すごいよというのは以前もお伝えしましたが、文字が読めない人も同じコンテンツを楽しめるようになりますよね。後は、子供や目が悪い人の場合は文字を大きくする、難しい漢字をひらがなにする(本を通じて勉強するというのもあるので賛否ありそうだけど)とか、古めかしい日本語を今風にするとか大阪弁にするとか・・・内容を最後、ユーザ向けにカスタマイズする自由が出てくるんじゃないかなと思います。

紙の書籍は無くなるのか?

ただし、紙の書籍を駆逐するかというと、そこまではいかないかな、と思っています。本の書き方セミナーに行った時にダイアモンド社の編集者の人が言っていたのは、10冊本が売れたとしても、9冊は1章も読まれない、10冊に1冊だけ1章以上読まれる、とのことでした。残り9冊は「流行の本を持っている」という安心感だったり、インテリアとしての利用が多いということで、そのような人は電子版を買うことは期待できないからです。ガンガン高速で読む人はKindleの書き換えの遅さも致命的。毎分600文字程度の普通の人は問題ないですが。僕も英語を読む分には時間がかかるので英語に限定すれば普通に使えています。

あとはコスト。現在では6インチで$260、9.7インチで$490と、まだまだ高いのが現状。2画面ついていて、視野をある程度覆う広さを確保するにはまだまだ・・・という感じはします。Kindleは画面の書き換えもかなり遅いですし。ただ、デジタル製品はガンガン値段は落ちるものですし、某社で開発中の電子ペーパーは速度が速かった(父親談)という話しもあるので、将来に期待したいです。

ユメが広がるよね!

電子ペーパーはもういろんなところですでに実用化されていて、イトーヨーカドーの値札のタグで使われたりもしているみたい。「どうやってデータ更新すんのかなぁ、あれ?」と思っていたけど、天井についた送信機から赤外線か何かでデータ配信するとか。すごいね。もはや、情報自体の価値はどんどん下がっていて、「情報そのものがお金になる」ということはないですよね。いかにそれを効率良く伝えるか、情報を生み出すか、というところにビジネスの比重が上がってきています。その効率良く伝える、というところで電子ペーパー+記憶装置+通信機能というデバイスの持っている可能性はまだまだ広がりそうです。

急にマルチメディアという言葉を思い出した・・・僕がパソコンを始めた1995年あたりは「マルチメディア」がキーワードだったなぁ。NECも「マルチメディアのNEC」とCMで言っていたような。↓あと、Amazonのレビュー数がすごいです。こんな数初めて見た。

posted by @shibukawa at 09:25 | Comment(61) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - Kindleの見せる未来

2009年11月20日

電車やバスで本を読むと酔ってしまう人&英語学習にKindleがお勧め

DSC_0037

Kindleを買ったという件はすでにブログには書きましたが、先日、会社の組合の合宿?で長時間バス移動があったので、Kindleを持って行きました。結果は大正解でした。

字の大きさが変えられるよ!

僕は乗り物酔いには弱く、トヨタのカローラなんかは、自分で運転していても酔うぐらい(先代と現行の両方)です。ホンダ車は大丈夫だけど。電車で本を読むのはまぁできるんですが、バスだと確実に酔います。15分が限度。でも、Kindleの場合には、2時間ぶっつづけでも問題なし。すばらしい。一番のポイントは文字サイズが大きくできることと、電子ペーパーなので目の負担が小さいことだと思います。酔うメカニズムとか、よく分かっていないけど、頭が思っている以上に視界がぶれると酔うとか聞いたことがあるので、バス特有の細かいディーゼルエンジンの振動あたりが原因で、字が振動してしまうのが問題なのかな、と思ってます。それでも、Kindleで字を大きくすれば大丈夫。字がはっきり読めます。これでバスでも本が読めます。

これが小さい字。普段はこのサイズで読みます。本のサイズに一番近い感じ。小さくても、読みやすいです。電子ペーパーステキ。写真ぼけちゃったのもあって、そこが伝わりにくいのが残念ですが。

DSC_0040

これが酔わなかった時のサイズ。6段階のうちの上から3番目です。

DSC_0039

普通の本だと文字の大きさの変更はできないからね。Kindleならでは。目がちょっと悪い人にもいいかも。でもでも、Kindleのすごさはまだまだこれからですよ!

音声読み上げ機能がすごい

続きを読む
posted by @shibukawa at 01:04 | Comment(48) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 電車やバスで本を読むと酔ってしまう人&英語学習にKindleがお勧め

2009年10月05日

WEBのテレビ化?

tweets

ブログにTwitterでつぶやかれた数を表示するようにしてみました。Twib.jpというサービスを使って見ました。 設定は簡単。はてなブックマーク数表示とほぼ一緒。できあがりはこんな感じ。ブログのエントリーの一番下の方の、はてブ数の数値の隣にある青色の文字です。 どうやら、Twib上で記録されているつぶやきだけから表示しているみたいなので、実際につぶやかれたすべてのURLは含まれてません。

ここ4〜5年のウェブの変化として感じるのは、フィードバックの仕方が変わったことですね。今までは、日記やブログにコメントを付ける、というのが普通でした。「読んだよ−」みたいなのも含めて。でも、最近はコメント欄が使われることはほとんどありません。著者に直接メッセージを送るか(ありがとう)、間違いのフィードバックなどなど。

WEB上の情報も大量消費の対象に

ウェブ上の情報も大量消費の対象となって、日々流れる情報をRSSやTwitterのTL上で確認して、気になったらソーシャルブックマーク/はてなスター/Twitter/Web拍手上で記録。発信側からすると、無言のフィードバックになった、というべきかな。その分、真っ正面から議論をする場というのが減ってきた気がしますね。昔はコメント欄とか、MLとか議論が延々と続いたりというのも楽しかったんですけどね。そのMLも最近は少なくなってきたような気がします。技術系のML、特に国の枠を超えて活動しているものはGoogle Group上でまだまだ活発なんだけど(Tornadoとか)、地域コミュニティみたいなのはMLじゃなくてmixiコミュとかに移動したのかな。はてブコメントも議論ではなくて、意見の表明みたいな感じがほとんど。コメント欄炎上も、ルールがあって建設的な議論がされる感じではなさそう。あんまりちゃんと見たことないですが。

ちなみに、SRRビジネス速読の寺田さんは、あえて読者を絞り込むような記事を書くことで直接のコメントによる反応が増えたそうです。確かにそうですね。WBC(野球の大会名ね)に興味を持つ人が100人いても、なんとなく好き、という人が80%。ルールまできちんと知っている人は20%といいますもんね。ターゲットを絞るのは場を作るにはてっとり早い方法です。残り80%をてっとりばやく巻き込む方法は・・・それが分かればマーケティングのセミナーできますね。

シチョーリツ的な消費行動

その代わり、ソーシャルに自分が見ているサイトとか、他人が見ているサイトの情報がつながるようになったので、多くの人が見たページは、ランキングの上位にあがって、さらに多くの人を集めるという流れができてきました。リンク集というのは今までは一つのコンテンツとして色んなところで作られてきましたが、最近はないですよね。「情報」というものに価値があったけど、今はそれすらも流れゆくもので、その時の「シチョーリツ」的な数値が影響を与えるというか、WEBのテレビ化みたいな雰囲気を感じます。だいたい、1週間ぐらいのサイクルですね。ブログに記事を書いて、急に注目されて、アクセス数がぐわぐわーっと伸びて、その後収束。テレビ番組みたいに瞬間視聴率というものはないけど、細かいブームの流れというのがありますよね。ただ、一方的な消費行動ではなくて、感想を言い合うことができるので、どちらかというと、友達と一緒に映画を見に行って、帰りにマクドナルドで感想を言い合うとか、そんな雰囲気かな。「やべぇ、クレヨンしんちゃんに泣かされたよ、CMでボディーブレードが出ているから見に来てみただけなのに」みたいな。

発信側の楽しみと、受信側の今後

発信側も、このようなことを意識すると、記事の書き方も変わってきますよね。僕が書いたブログのエントリーでも、一番はてブをいただいた「唯一の方法は4つある」なんかは、タイトルで興味を持ってもらえるようにちょっと知恵をしぼりました。エントリーを書いてから、アクセス数爆発まで2ヶ月のタイムラグがあった理由はまだ分かりませんけど。小泉元首相じゃないですが、やはり「気になるフレーズ」で伝える能力というのは今後ますます重要になってきますよね。コピーライティングや、マーケティング的な実験とか、そういうのをやってみたら数値で帰ってくるんですよね。面白いです。「連休の真ん中でブログを書いても、連休空ける前に一回息切れするから、アップするのは日曜日の方がいいのかな」とか「あまり社内で読みにくい内容だと平日のアクセスは伸びないかな」とか。

受信側がもっと目立つためにはどうすればいいのか?今のはてなブックマークにしても、ニコニコ動画にしても、「カリスマコメンテーター」が生まれる余地はほとんどないです。はてなブックマークはスターが付けられますが。今後は、コメントにも評価を付けて、いち早くコメントを残してブームを作った人が分かるような仕組みができて・・・でも、そうなると今度はカリスマコメンテーターをきちんと評価した人をさらに評価・・・と、どんどんメタな方向に行くのかなw。ともかく、コメントがしやすい環境が増えたということで逆に失われたものってあるよね、きっと。

posted by @shibukawa at 08:06 | Comment(13) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - WEBのテレビ化?

2009年08月04日

論理的な会話など存在しない?


by B Tai under CC

たまにウェブサイトなどで、すれ違った議論を見ることがあり、なんだかもやもやしたものを感じていたのですが、最近ちょっとピンと来ました。「ああ、論理的な議論って存在しないんだな」って。人間はやはり、感情の動物なんだろうなと。ここに至る課程には、最近何度も読んでいる本やら、最近はまっている某映像作品の影響もあるとは思いますけどね。あとはセミナーとか。別に、こういうことを特に気にするような立場にはいないのですが、周辺事例も含めて、自分なりに考えをまとめてみました。

感情が許さねば論理的な会話すら始まらない

続きを読む
posted by @shibukawa at 07:58 | Comment(164) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 論理的な会話など存在しない?

2009年06月04日

ベストセラービジネス書がすらすら書けるセミナー

ベストセラービジネス書が書ける

日曜日にセミナー行ってきました!その名も、「ベストセラービジネス書がすらすら書けるセミナー」です。いつもお世話になっているイメージコンサルタントの沢口珠子さんの初司会という晴れ舞台を見にいくのが目的だったんですが、セミナーの内容が予想外にすばらしかったです。学びがたくさんありました。本を書かない方も、自分のブランド作りや、世の中にアウトプットしていくという観点で役に立つんじゃないかと思います。現在、この内容で本を執筆中らしいのですが、期待せざるを得ない感じです。

水野さんは何冊か本を読んでいますが、独特の語り口でユーモラスな感じでけっこう好きです。最初は「ベンチャーの経営に失敗して3億円の借金ができました」というところからスタートして、みごと復活を果たされたというところから話が始まりました。その過程で多くのビジネス書を参考にされ、過去の書籍も、これから書く書籍も、この時の経験が生かされているそうです。

ゴールの姿をイメージ

まずは書籍を書いた後のゴールの話から。ビジネス書を書いた人を分析するとこんな感じに分類されるそうです。

  • タレントデビューして政界デビュー!
  • 思い出作り(ブログ出版)
  • 副業してその後コンサルとして独立
  • 情報商材を売る
  • 作家としてデビュー
  • 言いたいことがあるので

僕の場合は・・・言いたいことがある、かな?誰かのためになりたい、人のために頑張ることが自分を確かなモノにする、というのは最近思っているけど。IT系の書籍の場合は、本業があって、それをプラスαするような本が多いので、IT技術者はみんなこんな感じかも。

続きを読む
posted by @shibukawa at 07:55 | Comment(61) | TrackBack(1) | ライフハック はてなブックマーク - ベストセラービジネス書がすらすら書けるセミナー

2009年04月22日

4行日記セミナーに参加してきました

4行日記セミナー

ながはるさん、LINDさんから推薦された4行日記セミナーに行ってきました!場所は銀座です。4行日記セミナーといっても、4行日記そのものよりも、「あなたはどういうタイプ?」というお話が多かったです。FFS(Five-Factors and Stress)理論というやつです。そもそも、自分を知ることは、自分を改善するためには不可欠ですし、4行日記も、日記を書くことを通じた自己改善プログラムですからね。

僕が良く利用している人間分析術は、人生の取扱説明書です。先日診断してもらったG-KATS、後はストレングスファインダーの結果もあるけど、どれも似たような感じの結果は出てます。占い系だと動物占いもペガサスで似たような結果はでているけど、これはまぁ、科学的ではないので参考までに。チェックシートもそのままいただけたので、Excelで自分で作ってみました。小説やアニメやマンガの物語の登場人物分析とか、いろんな分析に使ってみよう。

FSSはアメリカの国防総省主導で作られた性格分析術で、組織の最適な編成を探るためのものらしいです。分析した結果から、タグボート型、リーダー型、マネジメント型、アンカー型というのが分かるらしいです。僕は日本人で10%しかいないリーダー型らしいです。道理で人のあとを着いていくのが苦手なわけだ。

この行動論は目的、目標をどのように達成していくかという分類にもなるらしいので、意志決定がどれだけ組織に浸透しやすいか、というのを分析するのに使えそうです。日本人に多いマネジメント型を考えると、「(ターゲットユーザ・ペルソナを決めて)してあげたいこと」を考えて、「できること」を羅列してみると「すべきこと」が見えてくるとか。なるほどね。僕なんかはトップダウンで考えちゃう(欧米型?)タイプなので、ビジョンから行動に落とし込むのは難しくないけど、他の人を考えると、「できること」のリストアップも重要なんですね。ここの人との思考パターンの違いはもうちょっと考えていきたいところです。

それ以外に、FFS理論の説明の中でなるほど、と思ったのは論理思考の部分ですね。アナログ思考、デジタル思考というのが分析結果から出てきますが、アナログ思考でも訓練すればデジタル思考は身につけられるよ、ということです。その訓練法は、新聞などを見て、マーカーで事実と判断を色分けしていく、というものです。民法のニュースなんてほとんど判断だもんね。「できること」「したいこと」「すべきこと」がどれだけ一致しているか?ということから感情を分析するというのもいろんな場面で使えそうです(マインドマップの上の方にちょろっと書いてますが)。ただ、これは個人の場合であって、「他人」という要素が入って入り乱れたときは、こんなにシンプルにはいかないかもなぁ、と思いました。

4行日記の書き方は、やはり指摘してもらうと具体的に見えてきますね。いろいろ。特に、最後の宣言部分は「なるべく行動として書くこと」など。これは月曜日から30本のメールトレーニングが始まるので、またその中でいろいろ分かってくるかな、と思います。4行日記で自分がどれぐらい変わってくるか、楽しみです。

続きを読む
posted by @shibukawa at 18:19 | Comment(12) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 4行日記セミナーに参加してきました

2009年04月05日

リセットボタンを仕事に取り入れよう


taken by
patrick h. lauke

電脳世界を見下した言い方をするときに使われるたとえの一つが「リセットボタン」。リセットボタンを押せば死んでも復活するから、生まれ変わりを信じている人がいるとか、命を粗末にするとか。だけど、それはゲームをしない人の意見です。間違いありません。リセットボタンを押したことがある人ならば、当然実感していることですが、リセットボタンを押すと失うモノが一つあります。それは時間。リセットを押す前にゲームのコントローラーを通じて注入してきた魂と努力と根性、そしてそれに費やした時間が失われるのである!!!(島本和彦風に読んで下さい)

時間というのは金持ちでも、人格者でも、誰でも一週間で168時間。増やすことも減らすことも能わず。そして寿命ということを考えると、時間をかけて何かをするということは、命を削って何かをするということ(確かマイミクのどなたかが日記に書かれていた)。つまり、その方が命を削ってスイーツを食べるように、リセットボタンを押すプレイヤーは命を削ってゲームをしているということです。

続きを読む
posted by @shibukawa at 16:14 | Comment(15) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - リセットボタンを仕事に取り入れよう

2009年03月24日

シャングリラダイエットをしていて良かった6つのこと

恵比寿のカフェでランチ

何やら、シャングリラダイエットがテレビで取り上げられていて急に注目度が上がっているとか。そういえば、ずっと書こう、書こうと思って書いていなかったことをまとめてみます。

以前ブログにも書きましたが、元々、標準体重で「もっと本を買うために食費を下げたい!」と始めたのが動機です。そういうわけで、ダイエットが目的ではなかったのですが、一時は2キロ以上下がり(運動しても下がらなかったけど)、それなりに効果出ていました。今は宇都宮で光熱費を削減しようと、エアコンなし生活をするために体重を増やしましたが(増やさないと危険そうだったので)。そんな僕でも「やって良かった」と思うことがいくつもありました。

続きを読む
posted by @shibukawa at 21:57 | Comment(164) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - シャングリラダイエットをしていて良かった6つのこと

パーソナルカラー分析

パーソナルカラー分析をしてもらいました。先生は12月の勉強会で知り合った、沢口珠子さんという方です。大学まではほぼ男子校、友達もIT系で男が多いというのが僕の交友関係ですが、それとは180度反対のとても華やかな方です。診断は代官山のおしゃれな部屋で行われました。パーソナルカラーというのは、基本の春、夏、秋、冬の4パターンに分類して、どういう色が似合うか?というのを教えてくれるものです。それぞれ、おすすめの色が含まれています。

診断の結果、僕の色は夏。ちょっとグレーが入った色、もしくは淡い色が全般的に僕の色になります。まぁ、そんなに単純じゃなくて、それぞれの色の中にも合う、合わないというのがあるんですけどね!僕に手編みのマフラーをプレゼントする予定の方は(もう春ですが)下記のチャートを参考になさってください!◎が付いているのが似合う色です。

パーソナルカラー診断結果

たまちゃんさんのお話を聞くのは2回目。今回もお話を聞いて思ったのは、不思議な魅力でいっぱいということです。「似合う色が多くてお得ですね!」とか色々お褒めの言葉が入ったりするおかげか、なんかふわふわした雰囲気なんですよね。主に人前でしゃべる人であれば、たまちゃんさんの話し方を聴きに行くだけでも、プロフェッショナルブランディングのセミナーを受講する甲斐はあると思います。ああいう雰囲気が出せるようになりたいです。

パーソナルカラー練習中

昨日は、さっそくユニクロへ。ユニクロはカラーバリエーションが多く、かつ無地のものも多いので、実物をみる勉強になります。サンプルの端布でも色の判別には十分ですが、やはり自分の目で現物を確認しないとね!これからもちょくちょくユニクロに寄って、自分の色探しをしてみようと思います。慣れたら他のお店でも選べるようになるかもしれないしね。これでGainerみたいな雑誌で「青いスーツが来る!」みたいなあおり記事が来ても「それは僕のカラーじゃないからね」とスルーできるようになるはずです。

お店で見てみての感想は、自分に似合うカラーが分かると、自由度が逆に広がるということです。ジャケット1枚買うにしても、インナーを3〜4色そろえておいて着回すとかね。着回し術がうまくなりそうです。今まではまったく買おうと思わなかった組み合わせもできそうです。ピンク色のジャケットとかね。ウグイス色のパンツとか。夏のボーナスが出たらユニクロで3万円分ぐらい大人買いしたい!

パーソナルカラーは色んな所で使えそう。今回初めてわかったけど、今乗っているシビックは○がついた色です。つまり窓から顔を出したときに若く元気に見えるw ディーラーとかでも、「顔が若く見える色」みたいな営業ができると女性は喜びそうですね。ケータイ電話も顔のすぐ横で使うアイテムなのでパーソナルカラーに合わせると良さそうです。あるいは、コーラを飲むよりも、ラムネを飲む方が若く見えるとかね(ホントか?)

ラムネサワーホイール交換しました!

選択肢が多くて選ぶことが「決断」と言われる今日この頃。こうやって、選ぶ選択肢を絞るような事前情報があると、適当な悩みを無くしてくれて、ハイレベルなところで頭を使うようになるんじゃないかと思います。そういう技術は今後も色々身につけていきたいです。

posted by @shibukawa at 00:35 | Comment(151) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - パーソナルカラー分析

2009年03月10日

これからはメタファーではなくネタファー

タイポじゃないですよ。新しい言葉です。


by Clint.JCL

昨日、めんたねの催眠誘導講座の後の夕飯の時に聞いたお話です。こうじさんの知り合いの女性が、子供のころに聞かされてきたウサギとカメはこんなストーリーらしいのです。

カメとウサギは競争をします。ただし、ウサギは寝ません。どんどん差を付けていきます。カメにはなすすべがありません。しかし、ゴール地点は丘を越えた坂の下にありました。カメは手足を引っ込めて、転がって行き、すごい勢いでウサギを追い抜いて勝利を収めました。

どんな子供でも、ウサギとカメのお話ぐらい知っています。ウサギが寝ないことには勝ち目がありません。「このままじゃカメは勝てない!」と子供もハラハラします。ただ、このお話のすごいところはラストの部分。いかに不利でも、状況次第では、持てるモノを駆使すれば勝てる場合もある。あきらめてはいけない!というメッセージを持っているということです。カメは、ウサギの失敗につけ込むのではなく、実力で勝利を収めているのです。

単なるウサギとカメであれば、「油断大敵」「ウサギってアホやなぁ」で終わるのですが、このお父さんの童話は元のウサギとカメをモチーフに使いながら、遙かに強烈な学習メッセージを子供達に送り届けているのです。通常、何かを例に使うのをメタファと呼びますが、この場合は、例を使うには使うのですが、単にネタの種としてしか使っておらず、元の意味を超越してしまっています。これはもはや「ネタファー」だ、ということらしいです。

ネタファーというのはすばらしい言葉・考え方だと思います。種を蒔けば、その小さな種からは想像もできない大きな収穫があります。たとえ話に使いつつも、その元ネタの限界にとらわれることなく、それこそ種を蒔くつもりで使えるモノを使い尽くす。僕もメタファーではなく、ネタファーが語れるようになりたいです。

posted by @shibukawa at 00:49 | Comment(74) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - これからはメタファーではなくネタファー

2009年01月13日

「めんたね読書会初参加」

めんたね読書会



読書会に初めて参加してきました。いろんな面白げなセミナーを色々開催しているめんたねの読書会です。使う書籍はアンコモンセラピーです。アンコモンというだけあって、「あれ?いつの間に解決したの?」という不思議なオーラが漂うカウンセリング実例集です。ミルトン=エリクソンはカウンセリング業界ではかなり先駆的な仕事をした人です。僕が生まれた1980年に79歳で亡くなりました。いろいろなすごい技があるのですが、その技の組み立て方のハウツーがほとんどなく、未だに研究対象として見るべきポイントが数多く残されている人物です。アンコモンセラピーをはじめ、何冊もエリクソンをあつかった本が出ています。弟子達が書いて語り継いでいる本が多いようです。何せ、一つの会話の一つの文節がすごい効果を持っていたりするため、一人で読んでいても重要なポイントをのがしてしまいがち。専門の人もいる読書会で勉強というのも、読書の一つの形ですよね。


続きを読む
posted by @shibukawa at 00:00 | Comment(24) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 「めんたね読書会初参加」

2008年11月25日

「読書環境を整備」

引っ越しテーブル

引っ越し先の読書環境がほぼ理想の形になってきました。まずは立ち読みテーブル。足はIKEAのBILLSTAシリーズの、高さ110cmのもの。天板はドイトで、組み立て家具の棚板を買って、加工してます。僕が本をたくさん読むようになったきっかけは、大学時代の電車通勤。1時間15分ほどの電車の旅で、プログラミングC++みたいな大判の本でもなんでも立ち読みしてました。なので立ち読みが一番集中力が続きますw

今週の積ん読収納

そして、積ん読を処理するための積ん読棚。これは先々週にお知り合いになったミケさんに触発されてやることにしました。取りあえず読んでない本をさらして見ました。特に、何かプレゼントがもらえるとかで、脊髄反射でAmazonで買った本は困りものです。特に寺田さんのMLで紹介されていた女性向けの恋愛本3冊。これだけ溜まっているのに、先週、今週とジュンク堂でまた大量に買ってしまった。せめてこの棚から溢れないように気をつけます。
posted by @shibukawa at 00:00 | Comment(157) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 「読書環境を整備」

2008年09月20日

「マツダミヒロ魔法の質問ライブ」

マツダミヒロ魔法の質問ライブ ※クリックで大きくなります

マイミクさんが主催側で関わっているということで、誘われてマツダミヒロ魔法の質問ライブに行ってきました。あっという間の2時間でした。質問を使って夢を紡いで叶えるための方法です。なんかマジカルな名前だし、「軽めの感じかなぁ」なんて思ってましたけど、想像の3倍以上密度があって良かったです。

続きを読む
posted by @shibukawa at 00:00 | Comment(92) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 「マツダミヒロ魔法の質問ライブ」

2008年09月12日

「インスタントGTD」

今日の気づき。タスクリストに早変わりしてくれるものって結構身の回りにあるんじゃないか?ということで、即席GTDの手法を思いつきました。

例えば、仕事やいろんな場面でExcelで何かを羅列したり、手書きでもなんでもリストアップすることがあると思います。「あ、これリストになっているな」と気づいたらチャンスです。このリストに関して、一通り何かをしなければならないというタスクが発生することがあります。例えば、関係者一覧があったときに、その人たちに連絡しなければならない、とかそういう感じですね。このときにまず左横(横書きのリストの場合)にチェック欄を付けます。Excelだと一番左に列を追加します。まぁ、ここまでは誰でも思いつくレベルではありますが・・・ポイントはこの次です。

続きを読む
posted by @shibukawa at 00:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 「インスタントGTD」

2008年08月09日

「長期休暇前にチームGTD」

このネタどっかで書いた気もするけど、気にしないで書くことにします。

さて、長期休暇の季節に入りました。僕は来週の水曜日からで、明日は変速出勤という感じですが、もう長期休暇入りした人もいますよね。もう入っちゃった人には手遅れなエントリーですが・・・

今回は、長期休暇を楽しむためのGTDの応用編をお送りします。

続きを読む
posted by @shibukawa at 00:00 | Comment(165) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 「長期休暇前にチームGTD」

2008年08月08日

「バッファ時間の撮り方」

http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/practice/0011

バッファ時間の取り方は色々ありますよね。opakenさんのやり方も一つ。でも、僕が最近きになっているのがクリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント。

さて、クルマで「スーパーで牛乳を買って帰ってくるには何分かかる?」というのを考えてみます。うちから宇都宮で一番イケてるモールのベルモールまでは2キロほど。信号は・・・4つ。20分ぐらいかなぁ。でも、この見積もり時間って最短じゃないんですよね。最短だと信号がすべて青で渋滞がなくて、レジが空いていて・・・だいたい見積もりをぱっとやると安全率を考えて2倍〜3倍の時間を言うことが多いらしいです。

続きを読む
posted by @shibukawa at 00:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 「バッファ時間の撮り方」

2008年08月07日

「映画を安くみる方法」

http://www.ideaxidea.com/archives/2008/08/post_629.html

映画を安くみる方法がidea*ideaで公開されていますが、僕がたまに使う方法が入っていませんでした。僕が使うのはチケットショップです。

多くのチケットショップでは映画の前売り券を売っています。だいたい1800円の映画なら1300円。大手配給の映画ならばだいたい手に入ります。邦画で大人向けだったりすると厳しいかも。アフタースクールはなかったです。他にも、映画館限定の株主優待券も手に入ったりします。

この手法の一番のメリットは、日時が自由に選択できることです。映画の日だとその日に用事が入るとNGです。でもこの方法ならば自分の予定に合わせることができます。

と、色々書いてきたけど、僕が見るとしたらレイトショーのことが多いかも。シネマコンプレックスで公開されている映画ならばね。ま、偉そうに書くほど映画は見に行くことはあまりないですけど。次は北野武監督作品かな?
posted by @shibukawa at 00:00 | Comment(160) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 「映画を安くみる方法」

2008年07月31日

「シャングリラダイエット」

シャングリラダイエットしています。効果はバッチリでています。

シャングリラダイエット続きを読む
posted by @shibukawa at 00:00 | Comment(216) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 「シャングリラダイエット」

2008年06月14日

「David Allenさん来日記念イベント」

行ってきました!予想以上の学びがありました。眠くて倒れそうだけどがんばって書きます。GTDがご存じでない方はGoogleに聞くとすぐに教えてくれます。

今回はQ&Aをベースに進んでいきました。今回はA4じゃなくてB5に書いたら、書ききれなかったです。いくつか良かった内容をピックアップして書きます。

Allenさんと記念撮影 [David Allenさん来日記念イベント]その1 [David Allenさん来日記念イベント]その3続きを読む
posted by @shibukawa at 00:00 | Comment(69) | TrackBack(0) | ライフハック はてなブックマーク - 「David Allenさん来日記念イベント」
検索ボックス

Twitter

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from shibukawa.yoshiki. Make your own badge here.
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ