2012年02月18日

Sphinxへの感謝の気持ちをブログに書いてみる

sphinx02

僕はSphinx-Users.jpの創設者です。そんでもって、Sphinx-Users.jpの会長をやっていました。先月、次の代表に譲ったので今は違います。現在の会長は@tk0miyaさんです。通称、世界の小宮。副会長は前期からの引き続いて@shimizukawaさんと、新規の@shkumagaiさんです。できる人ほど忙しい、という法則の通り、みんな暇ではないのですが、きちんとビジョンを持った、良いメンバーだと思います。

僕が代表を辞した理由は、転勤によるものです。今はベイスターズで有名な東京のDeNAで働いています。実は野球以外にソーシャルゲームをやっている会社でして、僕もそちらの仕事をしています。来月から、アメリカの子会社のngmoco:)に転勤になります。サンフランシスコです。日本でのコミュニティのマネジメントはできなくなってしまいます。ただ、大きな成長のチャンスを与えてくれたDeNAにはとても感謝しています。

Sphinx-Users.jpは変わったソフトウェアのコミュニティで、Sphinxと、一般的なドキュメンテーションを対象にしています。コミュニティのミッションは、Sphinxやドキュメンテーションに関する情報を集約し、発信していくことです。僕がSphinxに出会ったのは2009年。僕は大学のころから、SWIGやらC++のリファレンスやら、アジャイルソフトウェア開発スクラムやら、実践eXtremeプログラミングやらの翻訳をしたりしていました。Erlang Efficiency Guideというドキュメントを翻訳しているときに、@Voluntasというとんでもない男にSphinxを教えてもらいました。どうとんでもないかというと、自分が読みたい英語の文章があったら、他の人に興味を持たせて、そいつに翻訳させてしまうという・・・ある意味人使いのうまい奴です。日本のPython界とErlang界を影で操っているのはこの男です。某トイプー使いのトイプーさばきとどちらが上か気になります。そんなこんなでSphinxに興味を持ち、リファレンスのドキュメントを日本語に翻訳したりしました。その後Sphinxのコミュニティを作りました。コミュニティの最初のイベントは単なる飲み会だったのですが、偶然その日にSphinx 1.0がリリースされて、偶然リリースパーティー(世界で唯一)になってしまったのは良い思い出です。その後、Sphinxは僕の右腕として大活躍しました。本を5冊ほどSphinxで書きましたし(別の2冊が進行中)、仕事のドキュメントも書きました。僕の持つスキルの中でもかなりの重要度です。

sphinx01

コミュニティイベントには、かなり熱心な人が多く集まりました。PHPのコミュニティのメンバーもいました。@tk0miyaさんもそのようなアクティブなメンバーの一人です。Pythonの勉強がてら、Blockdiagシリーズを次々と作っては公開しました。去年の11月にはsphinxjp.shibukawaという名前で誕生日プレゼントのモジュールを作ってプレゼントしてくれました。おかげで今週、DeNAの同僚から不具合の報告を受けることになったのですが・・・他のメンバーも同様です。@shimizukawaさんはSE向けのドキュメントテンプレートを作成したり、HTMLのテーマを簡単にインストールする拡張を公開したり、Windowsのインストーラも作成しています。@shkumagaiさんは、なかなか刺激的なプレゼンテーションのテーマを作っていたりします。他のメンバーもいろいろな貢献がありました。全部おぼえきらないほどです。日本からの貢献をまとめて紹介するページをコミュニティページに足さなかったのは失敗でした。

Sphinx-Users.jpはすでにコラボレーションの仕組みを持っています。ウェブサイトのリポジトリに誰かがpushすると(もちろんソースはSphinx)、裏でサーバがpullして自動でビルドします。さくらの廉価な月500円プランなので、Jenkinsとかを使うことはできませんでしたので、cronを使って実装しています。オフラインの勉強会に参加できなくても、外からコミットはできます。新しいリーダーは多くのイベントを開催してくれそうです。ソフトウェア開発の速度がドキュメンテーションやコミュニケーションの速度を超えるまでは、ドキュメンテーションは重要なもので在り続けるでしょう。PythonやErlangなどのようなすばらしいシステムはすばらしいドキュメントを持っています。そういう意味で、Sphinxのスキルは、プログラマにとっての良い習慣になっていくでしょう。Sphinx-Users.jpの今後の発展を期待しています。

そうそう、Sphinx-Users.jpにはひとつ迷信があります。僕も@shimzukawaさんも、Sphinx-Users.jpの三役をしている時に、相手を見つけて結婚しました。@tk0miyaさんは、会長に就任して1ヶ月もたたずに、彼女ゲッツ宣言を出していました。Sphinxに関わる人は幸せになっちゃいますね!

posted by @shibukawa at 03:40 | Comment(294) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Sphinxへの感謝の気持ちをブログに書いてみる
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54031385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索ボックス

Twitter

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from shibukawa.yoshiki. Make your own badge here.
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ