2011年03月10日

先輩から、新人に手渡して欲しいと思って書いた本

IMG_7352.JPG
by Andrew Butts under CC-BY

僕も一筆書かせていただきましたが、新卒準備カレンダー 2011春が非常に盛り上がっています。「IT業界はこんなことが良くない」と、あげつらって、自分があたかも分かっている人間のように振る舞うのは簡単ですし、手っ取り早く優越感を得られるでしょう。日本はどうも評論家気質な人が多い気がして、リスクを冒して渦中の栗をまっさきに拾いに行く人はあんまり多くない気がしていましたが、それでも、今回のように「業界を元気にしよう」「新しく入ってきてくれる人にも、業界を楽しんで欲しい」と思う人が多くいることは心強く感じます。ITでこけたら、もうどうしようもないもんね。内需だけでやっていける国ではないし、今まで強いと言われてきた自動車も情報産業の力を借りないと、設計も何もできない状態ですし、金融系だってそう。IT業界を守る我々こそ、日本の最後の砦、という意識を持っています。

さてさて、アドベントカレンダーでは宣伝くさくなってしまうのを避けるために書きませんでしたけど、自分が書いたIT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」 (技評SE選書) について紹介しようと思います。この本は、 @nomicoxさんと二人で、編集の野口さんのマンションに通い詰めて、みんなであーでもない、こーでもないと構成を考えて、本にした内容の倍以上の文章を書いて(削って)、まとめあげて書いた本です。本のコンセプトは、「やさしい先輩から、後輩へのアドバイス」「ながくお役に立てる本を」です。

資格とかを並べたとしても、すぐに変わったりするし(1種をとった瞬間に、制度が変わってなくなった世代)、そもそも資格で仕事してないですし、IT業界といっても、分析屋さんから、DB屋さん、インフラエンジニア、プログラマーと多岐に渡っているので、例え仕事が変わっても、変わらず役に立つ「自分で自分を伸ばす力」にフォーカスしています。筆者としては、「先輩が、後輩に最初の一冊として手渡す本」になり、自立して、成果を出せる社会人になるための手助けができれば、と思っています。そういう意味では、発売されたは昨年の5月ですが、本当のスタートは、この3月4月だと思っています。もし本書を読んで「教えたいな」と思ったら、この本を後輩に手渡してくれると、とてもうれしいです。

書籍の内容紹介

1章: つまみ食い勉強法とは何か?

ゆるめのタイトルですが、言っていることはそんなに優しくはなくて、「とにかく、ジャンルが変わってもなんでもいいから、勉強だけは続けよう」という内容です。同じ事をとことん突き詰めることができる人であれば、この本なぞ読まずに、自分で力を伸ばしていけるでしょうけど、何せ様々な所で変動が起きて、いつ自分の仕事の仕方ががらっと変わるか分からないのがIT業界の面白いところです。いろいろと、興味の赴くまま(興味があれば、集中力が続くから、短期でも成果がでる)に、広げていきましょう、という内容です。

2章: 守りの勉強法

あまり書かれてこなかった、仕事の仕方、報告の仕方などです。あまり仕事の中でも、面と向かって説明することが少ない内容ではないかと思います。どちらかというと、仕事でミスして、お説教の中で・・・ということの方が多いんじゃないでしょうか?勉強という意味では、仕事の実践の中で学ぶことは多いです。また、転職して分かったのですが、転職するにも、与えられた仕事にどれだけ一生懸命取り組んできたか、ということが問われます。その仕事を続けるにも、転職するにも、手を抜いてもいいことはなんにもないのです。

3章: 攻めの勉強法

自発的に自分を広げていくための方法を色々紹介しています。読書などのインプット、手を動かすアウトプットの両方が大事ですよ、といった内容が書かれています。ある意味、この章が一番のキモですね。

4章: 勉強法座談会

ちょっと休憩的な内容ということで、僕の尊敬するエンジニアの方々をお呼びして、技術評論社の会議室で行った座談会の内容です。本当に濃い内容で、2時間ぐらいの予定が、気づけば倍以上、話し続けていました。先輩方の業界に対する展望や学びの姿勢は、自分のモデリング対象としてとても参考になると思います。また、若手でない方も、昔話のところでニヤニヤ楽しんでもらえると思います。

5章: 勉強会に行こう

IT業界では、1980年代ぐらいから開催され続けてきて、業界全体を進化させる原動力となってきたのが、この勉強会です。ここ数年間はビジネス書系でも「勉強会」という言葉が聞かれるようになってきましたが、ただ参加するだけではだめですよ、とか、そのようなことが書かれています。一人の勉強と、複数人での学びとの両輪が大切です。

6章: 勉強を思考タイプ別に攻略!

ビジネス書を読んでも、役に立つ本と、役に立たない本があります。それは本自体の問題ではなく、本の著者と読者のそれぞれのスタイルの差が原因です。エジソンみたいに育てられたら、みんな発明王になれるかというと、そうではありません。中にはコツコツ型の、二宮金次郎タイプもいるでしょう。本人の特性に合わない勉強法は、無駄ですし、自信の喪失に繋がるとすれば害ですらあります。この章では、幕末から明治に活躍した人に例えて、それぞれの勉強法を紹介しています。

ちなみに、一昨年前の企画時には、大河ドラマが坂本龍馬になることは知らなかったので、大河ドラマと一緒になったのは偶然です。

7章: 家庭を持っている人の勉強の仕方

この本の一番の特徴的な部分です。もちろん、正解はないのですが、多くの人に聞いて統計的に「みんなこんな風に時間を作っている」ということを紹介しています。ちなみに、僕も今度結婚する嫁には「この章読んでおいて」と渡してあります。「プログラマーはこういう人間だから」というのを紹介する資料としても是非。

posted by @shibukawa at 02:21 | Comment(127) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - 先輩から、新人に手渡して欲しいと思って書いた本
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43772280
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索ボックス

Twitter

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from shibukawa.yoshiki. Make your own badge here.
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ