2010年07月30日

Sphinx 1.0リリースパーティを開催しました!

Lego Sonic
Taken by Roomic Cube under CC-BY

先日、Sphinx 1.0リリースパーティを開催しました。元々、1.0は先月の頭には出そうな勢いだったので、大分前に計画をしていました。でも、なかなか1.0がリリースされないので「1.0プレパーティ?」「1.0b2パーティかな?」みたいな感じでとりあえず集まって飲みますか、という感じになっていましたが、偶然にもその日のうちに1.0がリリースされ、翻訳も1.0に合わせた更新を行い、乾杯をすることができました。Georg Brandl氏がSphinxのMLに「リリースしたよー」というメールを出したのは、PyPIにアップされてからちょっと経ってからなのですが、実にそのメールが出て(JST 17:46)から、20分後にリリースを祝って乾杯するという、リアルタイムな飲み会になりました。偶然すぎるw

それはそうと、この飲み会でやりたかったことが2つありました。Sphinx-Users.jpのウェブサイトは文字とスクリーンショットばかりで、裏の人がまったく見えないというか、人の体温を感じないサイトなんですよね。情報系サイトならそれでもいいのですが、やはりコミュニティとして、人の集まる場にしていきたいので、その人肌感覚というか、それをちょっと出したい、というのが一つ目。

それも兼ねて、もう一つやりたかったのは、リリース1.0に向けてのメッセージを発信するということ。それは、オープンソースの活動に一番必要なのはモチベーションであると思うからです。

できあがったのがこれです。

オープンソースでは、直接お金が稼げるわけではありません。「開発をやっていて楽しい」というものがなければ開発は続きません。ライセンスがどうのとか、そういうのは二の次で、やはりモチベーションが一番大事です。モチベーションがオープンソース界を支える通貨だとすれば、開発者に「ありがとう」というのは正当な経済活動と言えます。お世話になってますしね。ちなみに、このページのURLを英語のメーリングリストに投げたところ、開発に関わっている方がTwitterで紹介してくれて、メイン開発者のBirkenfeld氏と、エキスパートPythonプログラミングの著者のTarekがRTしてくれましたし、ちょうどさっき、Birkenfeld氏が「日本に行って君らと会いたいよ」というメールの返信をくれました。

お金以外のものがコミュニティ活動の経済原理だ、といのはThe Art of Community(洋書)でも言っていますし、モチベーションが大事というのは、IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」の肝となる部分でもあります。

みなさんは、お世話になっているソフトウェアの作者の人に、感謝の気持ちを伝えていますか?

ちなみに、トップの写真はネタになる→モチベーションアップから、ネタっぽい画像をチョイスしてみました。Sphinxとは無関係です。

posted by @shibukawa at 02:55 | Comment(48) | TrackBack(0) | Python はてなブックマーク - Sphinx 1.0リリースパーティを開催しました!
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39887326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索ボックス

Twitter

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from shibukawa.yoshiki. Make your own badge here.
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ