2008年02月06日

「ディレクティブ・テスト」

バズワードを考えてみました。ちょっと前の日記に書いた、「管理のためのテスト」ではなくて「開発を促進するためのテスト」という意味を表現したいなぁ、と思っていたら思いつきました。

ユニットテストだと、V字開発モデルの底の方でやるショボいテストみたいなイメージを持たれかねない。デベロッパーテストというと、開発者だけのものになってしまう。でも、ユニットテストやテスト駆動開発の持つパワーは開発者だけのものじゃない、と思っています。

で、指導する、などの意味でいくつか調べてみて、候補に挙がったものがいくつかあるけど、適当に選別。

ディレクティブ:なんか偉そう。ちょっと意味が伝わるのに時間がかかりそうでいい。
リーディング:Leadingだけど、Readingも被る。何か速読か読書術みたいだ。
トラクショナル:なんかダウンフォースで上から押さえないと抜けそうな感じがマイナス。

ちょっと検索してみると、ディレクティブテストだと、管理職の昇進テストみたいな意味もありそうな気もするけど、まぁこれでよしとする。

XPの受け入れテストはユーザテストをディレクティブにしたもの、と言える。数週間先の目標を、テストという形式で提示しているからだ。この前のNLPセミナーの、「否定形ではなく、主体的に達成できる目標を立てて下さい」という問いもディレクティブだ。合気道など相手の地力をうまくコントロールするというやりとりのきっかけになるものはディレクティブテストである。もはやユーザもデベロッパーも関係ない。クレドやフィロソフィーというものに基づいて行われる質問もディレクティブだ。

と、勢いで書いたけど、とりあえず、ライトニングトークスのネタかなぁ、という感じです
posted by @shibukawa at 00:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | アジャイル はてなブックマーク - 「ディレクティブ・テスト」
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26078488

この記事へのトラックバック
検索ボックス

Twitter

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from shibukawa.yoshiki. Make your own badge here.
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ