2016年03月21日

Gopher Night #1で発表してきました

適当に作ったライブラリの紹介をしました。スライドの流れは、10数年前の、牛尾さん(当時NEC)のアジャイル原理主義のスライドのオマージュです。Goの人気ぶりを表すエピソードとして、アドベントカレンダー(3本埋まった&Goを関してない企業アドベントカレンダーでもたくさんGoの話が出てきてた)みたいなのを言おうと思ってたけどいい忘れました。あと、Goのキャラクターあざとい話で、ウルトラマンXのツインテール前髪パッツンメガネっ娘ホットパンツニーハイソックス白衣理系女子のルイルイ並にレベル高いあざとい、みたいに言おうかなとか一瞬思ったけど自粛しました。気になる人は映画館へGo!

あとは、このネタに至る道程としては、Unreal Wayの「それぞれの人が自分だけで高速にイテレーションを回せる」「プログラマーが間に挟まると、その分だけイテレーションが減る」「計画・実行までのサイクルが速いScrumであっても、1週間は要求の変更をブロックするから、それだと遅いよね」みたいなのがあったんですが、それを説明しだすと動くものを紹介するまで長くなっちゃうので辞めました。

普段サーバっぽいコードは書かないので、その点はいろいろ話を聞いて参考になりそうでした。MQとかね。そのうちちょっとやりたいなぁと思っていたので。あと、HashiCorp製のプラグインの仕組み(別プロセスでRPCでやりとりする)というのは、同じような奴をやろうとしていました。僕の方で考えていたのは、Go/Qtの通信用で、QtにあるQLocalSocket/QLocalServer互換のソケット(Windowsは名前付きパイプ、それ以外ではUnixドメインソケット)をバックエンドに使い、その上にdRubyっぽいレイヤーの簡易版(参照渡しはサポートしない)を用意して、HTTPのウェブアプリのようなパス上にオブジェクトを配置してメソッドと引数を渡すという感じでやろうとしています。Goはreflectを使って、QtはQMetaObjectのリフレクションを使ってメソッド呼び出しができるので、言語が違っても相互にやりとりできる(部分の検証はすでに済み)。Go側の実装は一通りできていて、Qt側は現在実装中です。これもそのうち公開できるかと思います。それ以外だと、SensorBeeのコードのASTをいじくるコードはなんかそのうち書いてみたいですね。

イベント主催かつ会場提供のエウレカさん、どうもありがとうございます。また次回以降のイベントも楽しみにしていると同時に、金銭的余裕があれば(キッチン内蔵の食器洗い乾燥機と、Nexus 5が壊れたり)しなければ懇親会も参加したかったです。

posted by @shibukawa at 14:30 | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Gopher Night #1で発表してきました
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174573057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索ボックス

Twitter

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from shibukawa.yoshiki. Make your own badge here.
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ